同じ値段であれば外国車を選んでしまう

現在、日本で走っている自動車には、大きく分けて「国産車」か「外国車」かといった区分けがあります。一般的には、国産車は様々なコストが良く、燃費も良くて、故障も少ないといったイメージがありますが、購入に関しては面白いデータを見ることができます。

クスコ クロスミッション&ファイナルギヤ新発売 新製品情報 製品情報 クスコウェブサイト

実は、先に挙げたようにイメージの良い国産車は、同じ値段で外国車があった場合はそちらを選んでしまいやすいといった傾向が見られます。
実際の走行データを確認してみると、故障率も燃費も国内の有名メーカーが生産したものの方が優秀なことがほとんどなのですが、価格競争で同じ土俵に上がった場合は、外車のほうが選ばれている格好です。これはいったいどういうことでしょうか?ここで確認してみましょう。

廃車

結論から言えば、同価格帯なら外国車を選びがちな理由には、「ブランド」という大きな要素があります。具体的に挙げてみると、200万円で国産車を購入するのと、同じ値段でBMWを買うのとでは、あなたはどちらを選ぶでしょうか?
おそらくですが、多くの日本人が、「BMW」というブランドを選択するのではないでしょうか?

LED(for License Plate Lamp)|製品情報|PIAA

このように、外国の有名ブランドを多くの日本人が好んでしまう理由には、日本には無い歴史と伝統に裏打ちされた外国ブランドに、安心と所有することによって生じる優越感を感じているからだと言われています。日本人は、多かれ少なかれ、海外の大きなブランドにあこがれをもっているのです。