新婚さんの生活見てみたいって毎日友達が来るんです

世の中には物見高い人間が存在する。

私は長らく一人住まいをしているが、こちらが一人暮らしだと知るとすぐ、対して親しくもないのに、

『わー、いいなー、見たい!行きたい!』

と要求してくる人間が必ずいた。

フェアリーズ カップル | テーブル | ディズニーゲームズ

大概、生まれてからずっと実家暮らしで家を出たことがない人間である。恐らく一人暮らし、というものに過剰かつ誤った憧れがあるのだろう。

経験上、一人暮らしをしている相手は、決して気軽に『部屋に行きたい』などとは口にしない。お互いの部屋が『家』であり、侵しがたい生活空間だと知っているからだ。

しかし実家暮らししか知らない人間は、一人暮らしの部屋をモデルルームか何かと勘違いしている。部屋は見世物ではないし、もちろん家主の許可もなく寝室に入ったり、閉めてある扉を開けたりするのは非礼以外の何でもない。

これと同じことが、新婚家庭の場合においても存在する。結婚したての知り合いや同僚の新居に、物珍しさから押しかけようとする輩は、あなたの周りにも少なからずいるのではないだろうか。



ちなみに新婚の友人たち(妻側)の中では、

『親しくない相手や、こちらの常識が通用しない人間は家に上げたくはない』

という意見が圧倒的だ。

古代の欧州では、新婚夫婦は一か月間二人きりで家に引きこもり、周りの人間はそれに立ち入らないという習慣があったそうだ。

小学館:ルルル文庫/WEB小説_プリンセスハーツ 〜麗しの仮面夫婦の巻〜

新婚時期は夫婦にとってこそ貴重なもの。

『近くまで寄ることがあれば、ぜひ遊びに来てください』

というのは、あくまで社交辞令だ。

邪魔をしないよう、相手側の本心から誘われない限り、家には上り込まない方が賢明である。