太陽が出ている日は一年中日傘が欠かせません

夏は日差しが強いとよく言いますけど、実際のところ日差しが強いのって夏だけではなくて春も秋も冬も変わらないことは無いですか?他の人は違うと言うかもしれませんが、私にとっては太陽が出ているだけで日差しが強いと思ってしまいます。まあ、他の人に比べてかなり肌が敏感ですので、そう思ってしまうのは仕方ないことかもしれないと自分でも思います。

停電少女と羽蟲のオーケストラ 〜いざ宵、オルケストラ。〜

太陽の光は人が思っているよりもかなり肌への影響力が強くて、私のように少し肌が敏感なだけで直射日光を浴びるとすぐに赤くなってしまうのです。ですから、私にとって太陽が出ている日であれば一年中日傘が欠かせません。

UPS(無停電電源装置)対応一覧 | BUFFALO バッファロー

太陽の光でよく有害だと言われているものに紫外線の存在がありますよね。太陽には色々な波長の光が存在しており、その中でも紫外線は一番人体への影響を与えやすい光の波長だと言われています。この紫外線は場合によってはビタミンDが生成されるのを促進してくれる効果もあるのですけど、その他には皮膚を焼くようにメラニン色素を活性化させることから肌が茶色になったりする効果もあります。ただ、私のように敏感肌ですぐに赤くなるような人間はメラニン色素が少ないことから、紫外線から皮膚を防御する機能が弱く、太陽の光を浴びるだけでダイレクトにその影響を受けてしまうのです。

太陽光発電 仙台

これだけ太陽の光は影響が強いものですから、私が一年中日傘を携帯していることも納得してもらえるのではないでしょうか。実際のところ肌が強い人も、日差しを気にせずにいればかなりのダメージを受けている可能性が高いですから、私のようにとは言いませんけどできるだけ日傘を持って外を出歩いた方が良いと思いますよ。